シンプルライフ!!

主に日々の自転車トレーニング、レースについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ合宿3日目~年末追い込み3days初日~

年末までの追い込み3days初日。
朝起きると昨日のタイマッサージのおかげか脚も問題無し!
一方で同じくマッサージを受けた龍太郎さんは朝からふくらはぎが痛いそう…楽しそうにお姉さんマッサージしてたからなぁ


いつも通りトゥーンの街で朝食。お馴染みのセブンイレブンで多めに補給食購入。
日本とは違うパンばかりなので飽きがない!(特にお気に入りはカレーパイ?のようなもの)


(photo by 幸也さん)
出発して最初はサイクリングペースで淡々と距離をこなす。信号待ちなしで街から街への移動なので楽しい!
途中で幸也さんから一列ローテーションの指示!(いつもの基本は二列になって同時に交代)

もちろんローテーションはできると思っていたが過信だったよう。幸也さんからたくさんの指摘をもらう。 出来ない悔しさもあるが幸也さんからアドバイスをもらえるなんてありがたい限り!という複雑な心境に。ローテーション一つにしても奥が深いと実感


そうこうしているうちにお昼ご飯の地点へ。ここまで80kmほど。まだ半分行ってない!熱い!ペプシウマイ!

注文が終わって座ってのんびりしていると足元が「ゾワッ」という感覚。何かと思ってみるとネコさんが我が物顔でお店を徘徊。
「これが噂のネコカフェか!!(違う」という感じで癒される。タイの猫とか犬はなんでこんなにも無防備なのだろうか…

のんびり出来てるけど、かなり提供が遅い。いつもならいいのだけど遅くなれば遅くなるほど、帰りのペースが上がりバイクに引きずられるのでゆっくりし過ぎは逆にご勘弁。 純さんがお店の厨房に入って出来具合をチェックするという自由奔放さのおかげか(これも多分違う)その後料理到着!
焼きそばのような、焼うどんのような変わった美味しいものを頂き出発!



(photo by 美和さん)
ここからまた淡々と回し、アップダウンが続く。何とか食らいつこうとするも最後の方のキツイ登りで自分もおさらばー…。 銭湯を引き続けていた純さんにまた引っ張ってもらい無事休憩のセブンへ。
その後は幸也さんペーサーとバイクペーサーの二班に分かれて最後の追い込み。

自分はバイクの方。何分か後に前の集団を追うイメージ。
バイクペーサーになるとバイクの真後ろが楽になり後ろになるほどキツイ。先頭から一番後ろにつくときもつらい! いつの間にか10人近くいたけれど5人ほどに。 自分もいっぱいいっぱいになり先頭交代するときに散っていく…

その後ゆっくり走っていると後ろからリズミカルなクラクション。その車の後ろにはまるで収容所のように千切れていった人たち。
自分もそれに乗ろうとするも思ったより足がなく車に掴まってひたすら引っ張ってもらう。まるで魔法の絨毯。(脚の次は腕がパンパンに)


なんとか、目的の豆乳屋さんに! 話は聞いていたけれど初めての豆乳屋! 一杯5バーツ(15円くらい) とても美味しく何杯でも飲んでしまう。

(photo by 美和さん)


こうして無事に初日220km終わり。
この時点でイナーメ三人の疲れは見え始め、夜には変なテンションに。北野さんの洗濯ネットの壊れたファスナーを男三人で地道に治すものの最後に北野さんが盛大に再度ファスナーをぶち壊したので、みんなで「なんでやねん!」


という言葉を最後におやすみなさい。

スポンサーサイト

タイ合宿~一日目 初日から洗礼を受ける~

タイで更新しようと思っていたのですが電波状況とトラブルで携帯のデータが全て吹っ飛んでいったので更新が遅くなりました



起床は6時半。鳥と犬の鳴き声で目が覚める。
前日夜が遅くて荷物がぐちゃぐちゃのままだったのでお掃除からスタート。移動の疲労もなくストレスフリー!

自転車もセットして準備万端


今日は15人でスタート!
の前にみんなで朝食を食べに街へ

チキンライスを食べて出発。
この日は日差しが強いけど走っていると風が気持ちいい。速度も35kmくらいなのでおしゃべりしながらタイの景色を楽しむ。




途中から美和さん運転の車が前に入り軽くぺーサー。その途中でまゆこさが中川さんバイクに拉致されて行きました。


車のおかげであっという間に大きな川に到着!誰に聞いてもこの川がなんなのか教えてもらえずあとからラオス国境の有名な「メコン川」だと知る。


この頃にはすっかり日が上がり止まると暑い。寒いよりかは断然ありがたい!

少し行って昼食!人数が多いため少し離れたお店に龍太郎さん、光、まゆこさんで突撃。

朝と同じチキンなライス。ピセ(大盛り)なのに普通盛りな感じがするのはデフォなのだろう。

14歳の光が龍太郎さんの買ったコーラを本当に自分の物のようにナチュラルに飲んでいた姿は自然すぎてタイのベテランの風貌だった。


腹も満たされて満足したがそのあとがかなり厳しかった。
アップダウンが続きそのまま山に突入。タイの山はアスファルト節約のためにほぼ直線のようなルート。そのおかげで17%超えの坂が永遠と続く…龍太郎さんの集団から置いていかれ後から来た幸也さんにも置いていかれ足がつきそうになりながら登る


しかし、脚と腰があかんことに! 足が着いたら終わりな山でどうしようかと思っていると美和さんが運転しているサポートカーが車につかませてくれることに。
掴んだり、離したりを繰り返してあと何キロかな?
と思って標識を見たら、「あと5km」の看板。絶望

足腰の次に掴まりすぎて腕パンパン。The endな展開でしたが応援されながらなんとか10km登頂して山頂



頂上で万頭とチャーシューみたいなものが出るも最初は食べられず。むしろ吐きそうな感じ
時間が経ってやっと少し食べて出発!



あとは下りだけだと思ったらそうはさせてくれないのがタイ。
ここから山の上を登ったりくだったりを永遠と繰り返す。
自分はさっきの山で出し尽くした感満載。出発して即効千切れる。


追いつくことは不可能だったので一緒に力尽きたゴーさんと淡々と走る。集中を切らせると穴に突っ込むのでそれなりに集中して。



正直2人でも死にそう。というか死んでた。

ゴーさんのとてつもない鬼引でナンソンに無事着。一安心。
すぐに部屋に行きお腹のものを戻すほどの疲弊っぷり!タイすごい!

ほどなくして龍太郎さんも疲弊した顔で帰宅。今日ほどきついコースは無いという言葉に少し安心。



吐きそうなのにすぐに夕ご飯。食べることまでが練習です。明日からの練習もあるのでなんとかしてご飯を食べる。
まゆこさんにはタイでのお米の食べ方を教わる(米を手でニギニギしてから食べる)美味しいが作り方がワイルド

歓迎会も開いてもらい飲み食いしながら楽しむ。調子も治った!と思う

次の日の練習ルートを幸也さんを筆頭に決めるも最初の希望とは全然違う行程に汗 平坦希望だったのになぜか一番きつい山へ行くことに


次の日もあかんことになりそう。

タイ合宿~0日目~

25日 成田空港20時15分発の飛行機でタイへ。
自転車とキャリーバッグを持たなければならなかったのでかなり早めに家を出る。

中学の時に一人で飛行機乗った以来だったので勝手がわからないがさすが空港。スタッフの見事な対応でチェックインまで済ませ荷物も重量超過もなんとか減らしてクリア

マックで食べようとしたちょうどそのときに龍太郎さんから「着いた!」という連絡をもらい一人じゃなくていいんだ!という安心感からなぜか急いでポテトだけ押し込み探しに行く。


一人で乗る予定だったからとても安心!
自転車バッグはやはり重量ギリギリなので受付で2人でキャーキャー騒ぎながらギリギリまで攻める。 優しいお姉さんでよかった。



その後日本最後の晩餐と言ってラーメンを食しに! なぜか偶然龍太郎さんもマックで同じメニューを食べていたらしい。


その後余裕を持って飛行機へ!
見事な狭さ!そして龍太郎さんと奇跡的に席が前後! 



深夜、無事にバンコクに到着。その時、成田でチェックインの時に自転車を興味持ってくれたりその後も少し話していた日本語ペラペラのタイの方が
「中村選手ですか??」と

すげー!有名人だーー!

その方も自転車をやっていて龍太郎さんと同じ大学だそう。
たまたま飛行機乗る前に買った雑種あのイナーメ教科書で龍太郎さんが写っていたから声をかけられたそうです。 すごい!

世界は狭いなー


チェックインまで時間があったので龍太郎さんと寝所作って就寝。



ずっと何被って寝てるのかなぁ…と思ったらパンツ。さすがです。


龍太郎さんは別の空港から出発だったのでお別れ。色々助かりました。

ドンムアン空港では、チェックイン場所を間違えたり、荷物預けるところわからなかったりとあたふた。 親切な人たちに救われ無事に国内線へ。






国内線はとても小さくどこか不安。
ちゃんと飛びましたが途中何もないところで急降下とかして乗客が宙に浮き機内から悲鳴が上がりましたがこれが平常運行んだろうと言い聞かせる。


よし! 何もなくついた!!
と思ったら最後の最後で荷物がロストするというトラブルorz
拙い英語で説明すると「とりあえず、届くまで空港を散歩してなさい」(注イメージです
と言われる。 そんな広くないよココ!


結局カフェで時間を潰し見つからないまま別便できた龍太郎さん、北野さんと合流
迎えのタクシーに乗り宿泊所まで

宿泊所までは50kmほど。 信号が無いのでスムーズに到着。

幸也さんが出迎えてくれてご挨拶。自転車を組み夕ご飯へ。

セルフで野菜とカレースープなどを取り分けるがどれも美味しい!
ご飯もあったがみんな手でこねてる…萩原さんに伝授してもらい自分も挑戦。もちみたいな食感になってお菓子みたい!

しかし、作り方があまりにワイルドなので一回だけ。


その後、自分のロストした荷物が最終便に届くというのでまたチェンライ空港へ。しっかりと受けりと帰宅は10時過ぎ。 本当に迷惑をかけてしまった…




次の日は9時スタートの180kmの山岳コース!
初日からきつそう。

美浜クリテリウム移動日

新幹線の時間がゆっくりだったので朝は高校の文化祭の手伝い。
少しだけだったけど手伝えたからよかった(´ω`;)




それにしても新幹線の輪行は本当に大変。 めっちゃ重いローラーもあるとなおさらですね汗


なんとか電車に揺られて知多奥田到着。
なんとも言えないほど田舎!



クリテリウムだからカーブばっかりだと思ったらそんなことなくロードレースっぽいコースでした。
明日は2周回ごとのポイントレース。 絡んでいきたい。



ここまでは順調でした! うん。本当に
しかし、会場からホテルまでの道のりでやらかしましたΣ(´□`;)

道に迷うのは想定通りだったんですが、そこでGooglemapに頼ったらまさかの山道に案内されました!
自転車持って登山ですね笑 3キロほどだったのでよかったです



ホテルは普通のビジネスホテル。
向かいの部屋には今期でなくなるプロチームC-project。 レース会場ではよく近いとこにいるのでおなじみです。


明日は迷わず会場に行こう

休憩

今日は朝練もせず意識的に休みとりました。




練習したかったんですが、最近の身体の張り具合と腰の痛さを踏まえて我慢。

シーズンも終わりに近づきレースも何戦も戦ってきましたが結果が思うように結びつかず、気分も重いのでリフレッシュの為にも、



しかし、結果が出ないと親からも色々言われ家に居ても肩身狭い。 何も考えずに競技に没頭するのは難しそうです。


部屋の掃除、自転車の調整、課題やって本読んでゆったり。


んー、やっぱり少しの時間でもいいからバイトして少しでも自分で遠征費とか出せるようにしないと。 精神的にも持たない。

あくまでも自転車メインは変えませんが



なんか重い笑 今日はこんな感じで(._.)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。