シンプルライフ!!

主に日々の自転車トレーニング、レースについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBCF伊吹山ヒルクライム2015

開幕戦の宇都宮クリテリウムを見送った自分にとって今シーズン初戦の実業団レース

そして、初めてのヒルクライムレース。


場所は岐阜県関ヶ原町伊吹山。  
今年は積雪のため15kmのフルコースではなく10kmの短縮コースに変更。




他のチームが前日入りしている中イナーメ千葉組は、当日車5人乗りアタック! 5時間半車の中でゆられた後にレース

スタートが13時半だったので割とゆっくり集合。  朝からちょっとトラブルありましたが全然余裕でした(笑)



北野さん、龍太郎さんはレースで毎週会ってたんですが、久しぶりに佐々さん、もやっしーさんに会えました(^^)/
fc2blog_201504132239154cc.jpg




道中時間があったので佐々さんが持ってきてくれたPCで「チェイシング・レジェンド」を鑑賞。 前から興味あったので面白かったのですが1時間半でバッテリーが切れ終了w 残念!



そのあともゆらゆら揺られてすぐに愛知県。 前回の播磨チャレンジロードの時のおかげでどこでも近いと錯覚w
どんどん日本が狭くなっていく。



お尻がつらい!!と思ってきたところで関ヶ原のお昼食べるところに到着!!

「本陣」という戦国っぽい名前。
見た目は素朴で落ち着いた定食屋さん。
中に入ると気さくなおばあちゃんがお出迎えしてくれました(*^^)v


時間は10時半だったのでまだ朝食メニューなんですが、頼んだらランチメニュー作ってもらいました! 
さらに日曜にはやっていない日替わりメニュー(焼きそば定食、焼うどん定食)を頼めることに
すごく優しい!!



佐々さんはたまご丼。 他は焼きそば定食を注文。 

炭水化物を炭水化物で食べるスタイル。 美味しかったです!
fc2blog_20150413224015ca8.jpg


そしてここで喋ってるとあることに気づく!!

「ヒルクライムレース(HC)は登ったら暑いけど、走り終わってダウンヒルがめちゃくちゃ寒いよ」

!!! 全く終わった後のこと考えてなくてレースジャージしか持ってきてませんでした(笑)
みんなはちゃんと防寒対策の服をばっちり用意。 HCレース初心者丸出しの失態w  レースよりも終わった後のほうが心配になるお昼時だった。




ごちそうさまして店員のご厚意でアメちゃんを頂き会場へ。
だいぶ余裕を持ち会場入り



JPTの選手が強いのでチーム場所もすごくいいところ。。。自分も頑張ります…
fc2blog_201504132241510e2.jpg

自分はチームで会うのは初めてだったので、はじめましての選手に挨拶
中畑監督ともお会いするのは初めてだったので緊張しましたが、とても優しく声かけてもらえたのでリラックス出来ました◎


準備した後、監督にイナーメオイルを使ってマッサージしてもらいました! オイルの効果も実感してたのでレース前の安心感。 強くなってステージレースとか出たらいくらでもマッサージしてあげる! と言ってもらえたので頑張ります(笑)


HCなので重量が6.8kgと厳しいようなので量ろうとすると龍太郎さんから
「この自転車は余裕でしょ!!」 と言われそんなことないはず!! 
と思い量ると7,2kg。。。余裕でした笑



スタートまでローラーでアップして待機。
20分前に行くとスタート地点にはたくさんの人が!! 
やはりスタートからE3は勝負が始まってる感じ。



13時半頃プロツアーがスタート。
そのあと大体4分刻みでスタートしていく。 前に詰めるところでスタートが一番前になれるという奇跡


HCは落車がないと思ったら、前でスタートしたカテゴリーで号砲とともに落車(*_*) 気を付けよう




13時44分スタート!
一番前スタートなのでファーストアタックをかける選手もちゃんとマークでき、ついていく。

だいぶ速いペースで先頭集団でペースを上げたため開始1分も経たずに先頭集団は自分含め8人ほどに。
後ろはばらばら。


そのあともアーティファクトレーシングチームの数人がペースアップして他の人の足を削る。 
自分もその時すでにオーバーペースなのは確定で根性でくらいつくという感じに


登って半分にも満たないところで自分もとうとう千切れる。 「登り得意とか思っといて千切れるはえーorz」と若干思いながらペースを作って登る。

この時点では入賞すらもきつい順位。 とにかく諦めずにペダルを回し続ける。


すると、序盤にペースアップをしてた選手がぱらぱらと落ちてきてその選手たちでペースを作る。


7km地点でペースアップした選手がそこからも千切れ自分含め3名で回していく。 後半は勾配もほとんどきつくなくむしろ平坦も出てきたのでアウターでも回せる。

後ろにいたアクアタマの選手、SPADE・ACEの選手はだいぶ息が上がってたので残り2km地点でペースアップ


残り1km地点で二人を千切り残りも一人でハイペースをキープ。 
最後に前を行っていたブラウの選手に1秒差で届かずにゴール! のどが痛い。。。




この時は上のクラスの選手を抜いたりで自分の順位がわからず8位くらいかなとベストはつくしたけど満足いかない
もしかしたら入賞くらいはしてるのかなぁ…くらいの気持ち



上で先に走ったPの選手と合流し、いざ下山! 
寒いのいやだーーっと思ってたんですが上でもだいぶ暖かく上にダウン着るだけで全然余裕! よかったよかった。


一気に数百人という選手が今登った山を駆け下りる光景はまさにでっかい蛇がうねっているようで面白かったです(^^)/



無事下山しみんなでお片付け。 

ゆっくり片づけしてたんですが自分が6位までに入ってたら入賞だったので確認するために少し離れたステージへ。
もし入賞してなかったら申し訳ないな…という不安を持ちながらステージへ。



場所を間違えすぐに方向転換w 着いた時にちょうど始まってました(;´∀`) 

車から降りコールを待つ。 
6位の選手の名前で呼ばれなかったので、
「あ、これはやらかしたな」
と思ったら5位で呼ばれる(どういう顔していいのか分からず若干にやけ顏







ひとまず安心w 

今までで一番いい表彰でステージに上がれたのでいい眺めでした! 
これからもっといい順位で上がりたいところ

それにしてもエルドラードのジャージは凄いな…


賞状と少しのおこづかい(賞金)をもらいましたが、監督からお祝いでイナーメソックスもいただきました!
これが一番うれしいです!
fc2blog_20150413224252895.jpg


のちに全てのカテゴリーのタイムを見たら上のクラスだと3位に入れるタイム。 展開などもあるので一概には言えませんが。 




チーム員、監督とも別れ、恒例の温泉部!


でしたがここでいかんことに!  
渋滞を避けるために裏道を通ってたらガソリンが全くと言っていいほど入ってないことを忘れたまま走行。  

気づいて、急いでガソスタを探すもすべて閉店かやってないw  
5件目のエネオスに希望を抱き向かったらやってません…これ以上走ったら動けなくなるということでそこでストップ


たまたま通りかかった地元の方に声をかけ近くのガソリンスタンドはないか聞くと、まさかのそこのガソスタのオーナー\(◎o◎)/!  
休みだったらしいですが開けてもらい給油させていただけることに。 奇跡です(笑)



車も心なしか元気になり温泉へゴー! 
先に入っていたポールさんがちょうど出たころに到着! そこでお別れし自分たちも温泉へ

内装がとてもきれいで温泉もすごく気持ちいい!



そこで食事処もあったのでそこで夕食も済ませることに。 定食にするとごはんお替り自由だし!


岐阜の名産? の鶏ちゃん焼きなるものを頂く。 
fc2blog_20150413224343eae.jpg

まずは鶏を食べる前にご飯だけで食べてすぐにおかわり。

同時に龍太郎さん、佐々さん、もやっしーさんもおかわり。 さすがアスリートw 
パンパンに盛っていいですよ!! というと丼ぶりに盛ってくれました♪



腹が減ってるのでみんなハイペースでご飯をおかわりしていくw 店員も常にご飯を持ってくる状態w

みんな大体3杯目までおかわりして自分も4杯目おかわりを頼む。 この時点でほぼ鶏ちゃんには手つかず

すると、店員が申し訳なさそうに
「今ちょっとご飯のほうがなくなってしまいもうしばらく待ってもらえますか?汗」 という一言

むしろこっちが申し訳なくなりそこで終了。 
残しておいた鶏ちゃんだけパクパク食べごちそうさま



何のリミッターが外れたのかわかりませんがその後もお腹が減って北野さんにお団子をご尾馳走してもらいました(笑) ごちそうさまです!


7時頃車で帰路についたので結構早めに帰れると思い高速に乗るとナビがまさかの案内で一回高速からおろし逆方向に(笑) 早めに気づいてよかったー

あんだけお米を食べたのに隣りで龍太郎さんはパンに蜂蜜をかけ、レーズン乗っけてほうばる×2(笑)


今後のレースの話をしたり、パリルーベを観戦したりしながら自分は秦野でおろしてもらいました

いつもいつも運転ありがとうございます! 


家について北野さんの荷物を持ってきてしまうという大失態をおかし、終わりよければ全てよしとはなりませんでしたが、今回もいい遠征になりました♪ 
去年とは違いほぼ一人ではなく、チームで動けて感謝です。 
ありがとうございました◎




昇格を狙っていったレースでしたが、トップとはだいぶタイム差が開いたのでヒルクライムを鍛えたいと思います!

次回のレースは再来週の大磯クリテリウムです!
スポンサーサイト

チャレンジロードレース2015

ブログの調子が悪く更新が遅れました(´・ω・`)



チャレンジロードレース

4月5日伊豆の修善寺でJCF主催のレース「チャレンジロードレース」に行ってきました
8周回(39km) アップダウンの激しい日本CSCです


まず、初めてU23というカテゴリーで同年代と競うレースでした。 同年代でどれだけの位置にいるのかしっかりわかるレース。
しかし、結果はDNF。初めてです。 上の人たちとはレベルの差があるとはわかってましたが完走できないとは思ってませんでした。。。

そんなレースレポート


先日の手賀沼練後のCSCクリテリウム以来の修善寺



一週間前の予報からほぼ雨は確定だったので心の準備はできてました(レースは毎回のように雨なので慣れてきた)



10時に龍太郎さんCARに拾ってもらうために9時に集合場所へゴー(3.5km)

もちろん速攻着くw 余裕持ちすぎです(笑)


そこで朝ごはんも食べながら待機。 
今回は龍太郎さんの車に積み込むので前後輪はずす。 こうしてみると恥ずかしいスタイル
image3.jpg


群馬グリフィンの菅野さん、井津さん、龍太郎さんとツールのDVD見ながら修善寺へ!


レース会場へ! っといきたいところですが14時スタートだったのでゆっくりご飯を食べるために漁港。

週末だからか込み具合がすごい。

海の見える定食屋さん?でサバの味噌煮をいただきます。 (海鮮丼も食べたかったのですが生もの食べた後走るとリバースしてしまうのでがまんがまん)
image2.jpg


レース前とはいえないくらいリラックスしておしゃべり出来ました◎



そのあとレース会場へ! ではなく、龍太郎さんが狙ってたパン屋さんへ(笑) 
12時開店で12時5分に到着するという完璧なスケジュール


1.jpg

s.jpg


斬新なパン屋さん!!

看板小さくて一見パン屋さんには見えませんでしたが、中に入るとすごくオシャレで美味しそうなパン!


しかし、龍太郎さん目当てのベーグルは早くも売り切れorz 隠れた名店なんですかね…。残念


諦めて日本CSCへ向かう。
会場に着くといつもの実業団レースよりも人が多く盛り上がってる感じ(+o+)



自転車を組んで受付。
龍太郎さんが受付をすると、「あれ、今日は時間通りきたねー」という言葉。 さすがです(笑)



スタートまでは練習メンバーと喋ったり、アップしたり。 思ったより緊張してる汗




スタート15分前にスタート位置に行くと早くもスタート位置取りで集団がピリピリ…E3みたい


自分はギリギリまでアップしたのでほぼ最後尾スタート。  

N大、A大学が先頭を集団で固めてペースアップ。 下りは雨だったのでみんな慎重に下る。 自分はある程度攻めて順位を上げる
そのあとの登り返しで何人か上からパラパラ降りてくるのでまた順位を上げる

やっと集団の最後尾つけるかなーっと思ったら登りで集団のペースが下がらず距離が縮まらない!!

焦った時には時すでに遅し。 2週目と少しで集団から置いて行かれる…何もできてない…
image5.jpg

n.jpg



v.jpg
photo by 井津さん




そのあとは一人で走ったり、同じくらいのスピードで走ってる人と距離を稼ぐ。 

x.jpg

c.jpg

z.jpg
photo by 井津さん

そしたら先ほど先頭を固めていたN大、A大の選手がどんどん上からふってくる。 

ここでペースアップのための仕事を終えた選手なんだと気づきチームプレーは恐ろしいと実感です。 それについていく選手にならなくては

残り2周回で終わる。 と思って大きい集団でゴールラインの所を通過しようとするとそこのすべての人がレースから除外される。  なんとも言えない感覚。


結局173人出走の59人完走。 そこに入れなかったのが悔しい。



という気持ちを大事に持って切り替え!


雨で冷えたので急いで準備して温泉部の活動!
q.jpg
photo by 井津さん
やっぱ温泉はいいですね!(^^)!

r.jpg

そのあとは大盛り台湾料理! 帰りは前回と同じく胃もたれ(+o+)




今週末は岐阜に行って伊吹山ヒルクライムに参戦
今シーズン初めての実業団レースです。 着とって昇格目指します。

無事に帰宅(神奈川~山梨~静岡~神奈川)

6時間半 172km
無事に帰ってこれました。 正直走ってて死ぬかもなってこんなに思ったのはないかもしれません(大げさではなく汗


元はチャレンジロードの前に脚をぼろぼろにしたくて千葉と同じ感覚で距離乗ろう(120kmくらい)って事でした。



14時に家を出るときは小雨が降ってて相模原湖に着いた頃は本降りに


その時点で帰宅すればいいもののサイコンを見ると、「!?? まだ30kmちょいじゃん!」


これがトラップでした。
周りは山ばかりなのでスピードが出ず距離を稼げないのは当然。
頭弱いのでそれに気づかずに山梨の甲府の方へ。



その後もひたすら登って下って登って下って…
山梨入っても80kmちょい。


まだ全然だ…
このまま静岡入って富士山近いんじゃないか??
という謎な発想になり次は静岡目指して。


これが本当にミス。
富士山に向けてずっと登り。 もちろんその前から脚はぼろぼろだったのでペースも落ち、日も落ちる。


気づくのが遅く、家までの最短距離は富士山経由してじゃないと帰れないことに…
ドス黒い雨雲に覆われている富士山に向かう


富士山の麓に着いたのが6時半。 夜です


いつもはキレイだなぁと眺めてる富士山も今日目に入ったときはバケモノのような出で立ちで、かなわないと思いました




補給食も持ってきてなかったのでローソンにピットイン。

オバちゃんが優しい言葉をかけてくれたので頑張れたと言っても過言ではない!
それくらい心折れてる


少し補給して富士山の麓に突入。(実際ここで泊まるとこを探そうとしてたのは秘密)

もちろん登る。 登って登って登って…。
そしたら街灯が一つもなくなり視界皆無汗
(オバちゃんさっきずっと明るい道だよって!)


自転車の小さな灯りで淡々と登る。
なんと、奇跡的に雲間から見える満月の光でなんとか進める


ひたすら登って行くと雲の中に入りさらに視界皆無。
からの雨と強風。ここまで悪いコンディションあるのかって感じ



なんとか登りきったのですがここから死ぬかと思う

濃霧と街灯ゼロのお陰で下りが恐ろしいことに。 強風でガードレールから飛び出しそうにも


いつも以上に慎重に下る。
しかし、ゆっくり時間をかけ過ぎると低体温症になる可能性も出てきて身体が再起不能になるので、ある程度急いで。


後ろから車が来たら「ここにいますからね!!」と必死にアピール(じゃなきゃ轢き殺されます)




登った分だけ下ります。
本当にひたすら下る。 今までにないくらいの集中力で。 下って下って。


そして、また登りが来たらひたすら登って登って、また下る。 の繰り返し。いつになったら終わるんだい



本当に神経すり減らせるだけすり減らして(ブレーキシューもだいぶ磨り減ったなぁ←)




とうとう集中力も切れ始め、身体も冷え切って動かなくなってきて青看板を見ると「厚木」の文字が!!!


本当に安心笑

そのせいか一気にお腹も減ったのでパンをむさぼり食う。


そして6時半、172kmも終わり無事に帰宅。

距離としては大したことない感じですが、体感的には250km走った感じ



いつもは人と闘いますが、自然の方が断然怖いです。 山をなめてました。



そして、山梨、静岡、神奈川を走ってて凄く思ったのが「幅寄せ、クラクション、危険な追い越し」が一切ありませんでした!
当たり前やん。と思いますが、つくばとか千葉ではいつもやられてトラブってたので感激です!

そのお陰でストレスフリーで無事に帰れたってのもある。



引っ越して3日目にしてこんな経験してしまったら怖いもんなし。 そう願う。



明日は朝練やめてどろんこの自転車洗おう。
空を見るとさっきまであった満月も雲の中に。 休憩とかしてもう少し遅れてたらと思うと怖くて怖くて

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。