シンプルライフ!!

主に日々の自転車トレーニング、レースについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBCF富士山ヒルクライム(あざみ)

6月21日 富士あざみラインで自分にとって3戦目、3回目のヒルクライムでした


距離11.4km 平均勾配10%
中盤から平均18%最大22%の勾配が続く日本で一番過酷な山でのレース。
もはやレースどうこうではなくいかに最後まで踏み切れるか。


レースの何日か前にステムがお亡くなりになったので部屋に転がってた水平ステムを装着。

あざみ限定仕様! ちょっとぶさいく!

レース前日に受付を済ませ準備も万端。
初めて家でのんびりゼッケンをつける


ちょっとゼッケンのどちらかを逆さにしよう!と一瞬考えましたが怒られそうなのでやめる。

当日は雨。
自走予定だったが電車でワープし10kmちょい走って会場入りすることに。

案の定道に迷い、大雨の中iPhone片手にビショビショになりながら到着!

今回は全日本TTと被ってるので、チームテントの方は福留さん、五郎さん、森本さんと少なめ。



8時半頃出走で8時頃到着なのですぐに準備して出走サインへ

そこに行くまでに久しぶりに会う方々に挨拶して会話に華を咲かせていました🎶

スタート位置にいるとすぐ近くに以前ブリッツェンでプロツアーで活躍していた飯野選手もいてびっくり。 今シーズンから復帰のようです。

霧で前がほぼ見えない中スタート

自分はノーマルクランクで前半上げ過ぎたら後半踏みきれなくなるのは現状で分かっていたので前は追わずにかなりゆっくりペース。
お陰で最初はほぼ最後尾!

3km地点を越えると上から息が荒い人が降ってくる降ってくる。
その方々を交わしながら行くと第2集団らしき所を発見。 自分は前半脚使ってないのでそのままパス

馬返しという大きな下りのところでまさかの水の補給! 

喉は全然乾いてなかったけど、一回補給の感じを味わってみたいが為に無駄に受け取る(JBCFのスタッフの方渡し方上手でびっくりでした!)
ここから平均18%の坂が続く。

、、、ギアが足りませんw   ここで踏みまくってもいいのですが、後半失速はやだったのでプライドを捨ててひたすら蛇行を使う。


そしたら思いの外それでも何人か抜けていい感じ。
霧で前が見えなくてどれくらいかも分からずただひたすらペダルを回す作業。
そしたら青柳さん発見!  抜きたい宣言してたので頑張って抜く


(この後青柳さんはパンクし、自転車を担いで3km登ったらしい…マネ出来ない。画像はイメージではありません)

あと1km地点の所でもう1人選手がいて追いついたがかけるのが早くて置いてかれてゴール。
51分11位。
なんとも言えない、、、笑  


まぁ、イメージ通りの走りが出来てたので良いです!  脚ももう少し削れたので50分も何回かすればすぐ切れるでしょう←


しかし、ここからが勝負。

プロツアーの選手がゴールするまで大雨の寒い中5合目で待機(2時間ほど)という笑

でも、色んな人と話せたのですぐに時間が経つ! ありがたい!

「チャリダー」のカメラもあったので、ここにいれば写るんじゃないですか?笑

とこうじさんと話していたらチャリダー関係で写真ですが若干写ってました笑


(コルナゴ一人旅様より)

下山の時にあまりにも坂が急なのでカーボンホイールからアルミホイールに変えなければならない

監督のお陰でアルミホイールをお借りさせていただくことに!
とここまででも本当に助かったんですが、雨が酷すぎて危ないということでチームカーに乗って下山することが出来ました!  本当に助かります

車内では監督、五郎さん、森本さんのトークで楽しく和やかに下山笑
下山後、チームメイトの落合さんが6位入賞をしたので表彰式! おめでとうございます!
また監督のご厚意で最寄駅まで送っていただくことに…感謝です。もうこれは結果を出すしかないです

監督とお別れし、電車で帰路へ

その間、全日本TTの動向をチェックしてると、

龍太郎さんが優勝の可能性あり




とのこと!!!  もうツイッターやらLINEやらでは大盛り上がり!!  

自分も車内、1人で盛り上がってました←

そして、










(写真はcyclist様より)




優勝!!!!   日本一です!!!!




久々に鳥肌立ちましたねΣ(´□`;)

先週は富士スバルラインでコースレコードを出して優勝、今回は平坦で全日本チャンピオン。


ここまでくると龍太郎さんが本当に人間じゃないような気がしてきます
フルタイムで仕事をやってプロに勝つことは本当に凄いし学ぶことしかありません!
本当におめでとうございます!!!



3連続山からやっと解放され、次は福島県の石川町のロードレースです!



期間が少し空くのでコンディション合わせていきます。
スポンサーサイト

JBCF第19回栂池ヒルクライム


今シーズン自分にとっては2戦目になる、栂池HCに参戦するため長野県にある栂池に行ってきました




金曜日に実家に帰り、土曜日に龍太郎さんの車に拾ってもらう。 

朝は雨という見事な遠征日和でしたが、長野に向かうにつれて晴れ!  いい兆しだー




龍太郎さんが大学時代に過ごしたという地に入ったということで、行きつけだったお店「洋麺亭」で昼食。




一人1.2kgというよくわからない量w  みんなで仲良くシェアしながら食べ進めるが量が減らない…。

みんな端に寄せて
「お!! 減ったように見えるぞ!!」とかわけわからないことを言いながら食べていく。  

自分は味に飽きてタバスコを投入。
しかし、自分はあと何口かのところでDNF。 佐々さんにアシストしてもらって完食しました。

龍太郎さんにペース配分と補給(タバスコ)の重要性をしっかり教えてもらい店をあとに
パスタの呪いなのかこのあと若干テンションがおかしくなる。 (真面目なうさぎとカメ)



一時間ほどで会場の駐車場に到着! 行くまでに雨が降っていましたが会場では雨が上がり肌寒い曇り。
イナーメ佐藤さんとも合流し一回試走へ! 

パスタを完食できなかったので自分だけアウター縛りで。 ゆっくりだったのでなんとかなる。



頂上まで行くと雪の壁が。。。まるで別世界のよう。

もちろんめちゃくちゃ寒いわけで17kmのダウンヒルは身体に響きました。 またHCの準備を怠り佐々さんからアームウォーマーを貸していただいて命拾いをしました汗


受付時間が間に合わなそうだったんですが龍太郎さんに受付してもらい一安心。ありがとうございます!


この後は、ポールさんリサーチの温泉へ! 車で向かったら山の奥へ奥へ…最後の方は道が崩れていたりとなかなかクレイジーな場所w



ざ、秘湯
という感じ。 男湯、女湯。と分かれている道があるのですが、入って5mくらいでいきなり温泉。   男湯に関しては開放的過ぎて新鮮! 湯加減も最高! これはまた入りたいと思う温泉でした

なかなか見つけられなかったところのようでリサーチしたポールさんはさすがです(+_+)

photo by 龍太郎さん
温泉でリフレッシュした後、ポールさんたちとお別れして宿泊先のゲストハウス「梢の雪」へ。http://kominkasaisei.net/

外観がまるでジブリ(笑) 妖精が住んでいそうな家で可愛いわんこにお出迎えしてもらう。
オーナーのぐっさんに宿泊にあたってのルールを教わる。

お客様としてでなく親戚として宿泊してもらうというスタイルで、そこで知り合った方々と共同生活のようだった。  鍋をつつきながら色んな職種の人たちとの語らいはとても充実でした。

食べた後はみんなで仲良く皿洗い。 そして外に天体観測(龍太郎さんはひたすらワンコにぺろぺろされてました)  …もはや修学旅行ですw




朝は5時半に一回起きてゆっくり活動開始。  
昨夜に龍太郎さんの得意技の薪割りをする予定でしたが薪を割る斧が見つからず断念。


のんびり過ごすと、ぐっさんが朝ごはんをおいしそうな朝ごはんを作っていただいてました。
本当に美味しい。。。 朝からこんなに贅沢な朝でいいのかというくらい。

食べ終わりまた皿洗い! 


終わったらぐっさんが挽いて淹れたコーヒーを2階の縁側で頂く。   
photo by ぐっさんさんブログ(http://goodsun.blog.jp/archives/1030111441.html) photo by 龍太郎さん
贅沢だ… ここからレースなんて信じ…レースです
のんびりしすぎて若干時間が押すもあわてず出発!


会場に着くと一般のカテゴリーもあるせいか人がいっぱい。

準備を済ませ監督のところへ向かうため龍太郎さん、佐々さんと坂を下る。 途中で前を走る龍太郎さんのタイヤが「バシュウウーー」という音とともにパンク! レース中じゃなくてよかった…(笑)

先に監督やイナーメ選手の方々に挨拶をしてホイールを担いで龍太郎さんの元へ!! 
アシストできて嬉しかったです(いつかレースでできるようにしましょうw)


軽くローラーを回し、監督にオイルを塗ってもらう。 
そして、スタート位置へ。  なんとか一番前を確保!  スタートまで時間があったのでいろんな方とお喋り。


9時6分スタート

最初が一番きつい(斜度10%)のでそこで集団を絞りに絞りたいなと自分の願望。  ここ最近調子も良かったので普通インナーでいくところをアウターでガンガン攻めることに
最初の方はそれで集団の一番前でペース上げるのには成功。 しかし、想定外なことに結構な人が後ろにまだいる…


一回少し下がったのですが、その集団が逆にペースを上げ自分はそれについていけず、一番きつい区間を抜けて市街地のところで千切れてしましました。  たくさんの観客の方に応援してもらえてたのに
全くの想定外で若干心が折れかける。  いや、折れてたかも。。。


自分の後ろからハイペースで登っていく選手がいたのでその方と一緒にペースを作り集団追うことに。   このままいけば集団に追いつけるんじゃないか…という淡い期待をしながらひたすら踏む

中間地点を少し過ぎると一緒にいた方がペースダウンしたのでまた一人旅。

最後まで追いつけると信じていましたが、それも全く叶わずゴール。 不甲斐ないの一言に尽きます。
そして、ジャージの中に紛れ込んでいた蜂に刺されるという痛いお仕置き。

ゴンドラで景色を楽しみながら下山。 


リザルトを確認すると自分が想像してたよりはるかに悪い結果に呆然としてしまう。(22位59分)
めちゃめちゃ遅いし!  

優勝を狙っている! と豪語していたのに入賞どころかかすりもしない結果に、応援、色んなサポートしてもらっているのに情けなかったです。  ほんと口だけ野郎満載でした。


無料の温泉に入るもすぐ出て帰路へ。 イナーメ千葉組は三人とも自分にとっての結果が不甲斐なかったのか行きとは正反対の重い空気。   昼ご飯もご褒美で行こう!と言っていたハンバーガーショップではなくガストで細々と



途中のコンビニでそれぞれ美味しい物を買い気分リフレッシュ! 
千葉についてなんとか明るくお別れできました。 龍太郎さん、佐々さん運転ありがとうございました◎



自分の得意だと思っていた山でここまでコテンパンにやられたのはダメージが。 優勝する!と宣言していたのでなおさらです。

一回見つめなおしたいと思います、山と。




でも! 遠征はとても充実していたので切り替えて次に向けて準備します。
次はまた富士山でヒルクライム。  驕らず、ベストな走りをします。



CSCクリテリウム~勝手に2デイズ~


日曜日に修善寺であるローカルアットホームなレース「CSCクリテリウム」に参戦


25kmのレースを普通に行っても面白くないので、前日にいつも走っている170km 獲得標高2900mをガッツリ走り、当日は修禅寺まで自走(往復120km程)で行く。 という一人2デイズな感じ。

やろうと思った背景にはツールド熊野がすごく楽しそうでいいな。と思ったからっていうのも大いにある(´・ω・`)



土曜は脚の調子悪いな~。と思いつつも日差しを大量にあびながら170km完了。 
日差しのせいかいつも以上に疲労が! 明日に備えてケアをしっかり。



日曜朝。 何日か前まで降水確率80%だったのに快晴!! 
雨男も卒業で今後は晴れ男でいきたいですね


前日の疲労が抜け切れずケア失敗。 まぁ、修禅寺まで海岸線(たぶん平坦)ずっといって少し登れば着く(片道60km)から問題なし!
という感じで6時半にゆっくり向かう





全然平坦じゃない!! 崖のところを上がったり下がったり。 この時点で海でたそがれようかなと頭をよぎる。。。

あとこれを初めて見ました。  

(イメージ画像) 美人どころか人すらいない。


海岸線も終わりやっと内陸に入る。 目の前には山! 登るしかない!  後から調べたら亀石峠というらしい。

長すぎてここで本当に引き返そう。 と思い始めたところで頂上。


そこから、下ってまた少し登ると、日本サイクルスポーツセンター! 9時半に着いたので10時頃のスタートには余裕の到着



受付を済ませバナナ食べながらのんびり~

10時すぎになりスタート位置へ。 前来た時とはコースが大幅に変わりストレート長くなり、カーブも若干テクニカルに。
25km50回のインターバルか。 今の自分にはなかなかの強度


最後尾スタートで様子見。 
と言いつつすでに脚パンパン(笑) 
予定ではアタックかけまくるはずでしたが、何回かかける(それも全くキレがないw)くらい。 あとは集団の前のほうで我慢するのみw




5、10周回のポイント周回を狙うもどちらも三番通過。


あとはゴール目指して脚の削りあいと我慢!


最終周回。 もう最後!と思い最終コーナーの手前で5番手に位置。 いい位置!

そこからスプリントでしたが、位置取りが上手くいかず4位に終わる。


たった25kmなのにこの疲労感。

さっさっと片付けてすぐに帰路へ!
来た道の峠を登りたくなかったのでグーグル先生で平坦な道がないか探しながら帰る。




そんな事をしてふと周りを見渡したら、
山山山山

という感じで山に囲まれてました笑 結局登るしかなくなりましたorz

最短距離の山を登ると異様に長い。
調べてみると箱根峠と言うらしい。
850m近く登るらしい。


もうここから意識ないくらい無心。


やっと着いた! 後は下れば箱根湯本とかに着くのかな!

という淡い期待も裏切られ下ったらまた目の前に山!
いい景色! と言ってまた登り続ける。
芦ノ湖? という所で海賊船が何隻も
今度来た時はあれに乗ろうと決意


結局1050mまで登ってあとはひたすら下る!  安心。



やっと見た事ある海岸線に出てまた安心。

そして平塚で道に迷う。  残り8kmをずっとうろうろ






やっと家に着いた!   豆乳がいつも以上に美味しい!



120kmの予定が202kmの獲得標高3051mという結果に。 レースがメインなのか移動がメインなのか…



土日で372km獲得6030m。 かなり追い込めたかな。

今度はこれをやらずに熊野に行きたいものです笑





以上! レースレポートじゃなくてサイクリングレポートみたいだ。

ps.レースの写真使わせて頂きました。ありがとうございます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。