シンプルライフ!!

主に日々の自転車トレーニング、レースについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japan Cup(オープン)~餃子国初上陸~

10月17日 同期間に宇都宮で開催される数少ない国際レース「ジャパンカップ」のアマチュア版のレース。

自分は初参加だったからよくわからなかったけど、みんなは全日本選手権の次くらいの位置づけのレースらしい。



10月16日
前日受付なのでAFRT石井さん、湘南ベルマーレ菊池さんとレッツゴー

迎えに来ていただいたのですが、少しテンション低め…なぜだ…

と思ったら車出発してすぐに渋滞+見事な雨! だったからとか
確かに落ちますね




そんな感じでのんびり宇都宮へ。 
自分は宇都宮(通称ギョーザ大国)に初めて行くので結構わくわく!

しかし、昼前には着くだろうという期待も見事に打ち砕かれ3時近くに到着。  



いつもと違う雰囲気を感じながらライセンスコントロールを済ませる。


もはや試走はしなくていいんじゃないかというくらいの移動疲れだったが、そこは最年長菊池さんの鶴の一言でコースに向かうことに(試走大事でした。
そのころには雨も止んでいた。

台風の影響で例年のコースが使えなくなり、1周10.3kmの短縮コース。 

そのおかげで古賀志林道がいつもより一回マシマシで7回登る。 
走ったことないから分からなかったけど、試走して

「。。。マジかぁ。。。」


という気分にさせるような登り。


登るのはいいとして、筑波山のダウンヒルで落車して以来、極度な下りコワいー。なメンタルになったので下りの方が気になるところ! まぁ、ここは気合でなんとか!




1.5周して暗くなってきたのでサクッと片づけてギョーザを食べに! やった!



たまたま通りかかったところが一番有名だったらしい。 
ギョーザ専門店「正嗣」



専門店だからもちろんメニューはギョーザのみ。  
ラーメン食べたいなぁという気持ちをいい意味で裏切ってくれる美味しさ



水餃子も軽く食べてホテルがある宇都宮駅へ。

正直、宇都宮はこんなものなのかしら。
というほどの雰囲気だったのが駅前きてびっくり。  
すごい都会感と自転車レースを応援してる雰囲気をガッツリ感じられる。 
なめててごめんなさい!




ホテルも予想以上にリッチ! いえい



ムダに枕も3種類あるというサービス精神。 贅沢に3つ重ねて寝てやりました(←意味ない



さすがに7時に寝れないので宇都宮の街を散策。 

さすがギョーザの街

本屋行って、パン買ってコーヒー買って部屋でのんびり。 素晴らしい。




夜もぐっすり寝られて5時に起床。

外を見たら普通に雨。 
晴れ男宣言からの連続快晴レースもここまでか…と若干しょげる。


ホテルが別な石井さんと菊池さんと合流し会場へ。  
この雨の中でも雨具を着て観戦に行く人がたくさんいて負けてられないなと。
雨というか警報出るほどの豪雨。 オーマイがー




会場ついて出走サインまで車でだらだら。 

案内された駐車場の下が泥だらけなのでアップも無し。

入念にイナーメアップオイルとレインジェルを塗って行く。 レインジェルを塗ると本当にあったかい



今年学んだ(主に栂池HC)のはレース前日にかけてにたくさん食べるといつもあかんので、朝にコーヒーだけ飲んでボトル(1.5本分)にコーラを詰めてゴー。







スタートラインには名だたる強豪などがいてワクワク。  
そのころには青空が見えるほどの晴れ! 今頃かーい。

スタート前に前のチームでお世話になっていた南野さんと再会し会話に花が咲く


人数の関係で2組に分かれ一組目からスタート(U23とエリート) 

byシクロワイヤード


スタート

byジャパンカップオフィシャル

スタートしてからの古賀志林道の登りが大事と思ってたので登っても中盤でクリア。 
集団で一気に下る! 自分的にうまく下れてる!! 
と思ってもことごとく抜かれていくというorz    

そして、落車を伝える笛が鳴り響く (結局最後まで鳴りやむことはなかった。




最後尾で下り切ったら先頭が遥か彼方。  

何人かで踏んでも差が一定のままレースが進み2周目には追いつかない距離に。

その後3周目くらいに龍太郎さん含んだエリートの逃げが追いついてきて合流。 「落車か?」と声をかけてもらうもナチュラルに千切れたので不甲斐ない。



その後はエリートの集団にいるも、下りで千切れ、踏んで最後尾で何とか合流というのを繰り返しさらに千切れる。


それにしても古賀志林道キツイ! 走ってる間周回数も忘れてしまい「あと何回登ればいいんでしょうか。。。」という感じ。
毎回、ほんとに有難い声援だけでのぼる。

と言いたくなるほど。



そんなこんなで残り2周。
結局エリートの第二集団に落ち着く。  地味に後半のアップダウンで千切れそうになるも古賀志でを先頭で入ってじわじわ下がりながら下りへ。



先頭から10分差開くと強制終了なのでここで切れるわけにはいかないので下った後もなんとか集団に復帰。
珍しく脚が攣りそうになるところだったので結構追い込まれてる。



最終周回ポールさんのペースアップに最後尾あたりで食らいつきゴール。 42位(スタート119人/完走58人)
2位に龍太郎さんが入ったみたい!強い!



よく見たらみんなシクロクロスを走ったような泥だらけさ。 
駒澤マネージャーから有難いことにコーラを頂く。 美味い




2組に分かれてたからこそ出来た完走だけどとりあえずは目標は達成という
どんなレースかわかったので来年はリザルト15位以内を目標に!




本当に自分が泥なんじゃないだろうか。っていうくらい汚いのですぐに温泉につかる。  最高だ(^^)/



その後は石井さんの運転で無事に帰宅。  
疲れているなかありがとうございました!


車から自転車降ろしたら後輪パンクしてた。 レース中じゃなくてラッキー♪


次の日即効洗いました




このレースでシーズン終了にする人が多い感じですが自分は今週の美浜クリテリウムを走って一区切りに。
スポンサーサイト

JBCFいわきクリテリウム2015~にんにくに全てを持っていかれた~

10月3日
福島県いわきの某公園の中のコース(900m)でのレース。 一日目は予選を20周。 二日目に決勝35周の二日間である。




朝6時。

地元市川駅で北野さんcarに拾ってもらう。


今回は佐々さん、ポールさん、フリーダム勇人さんの5人態勢でレッツゴー

見事な晴れ。 
今年から晴れ男というのを佐々さん北野さんにやっと認めてもらえる( ̄^ ̄)ゞ



予選落ちたら明日はハワイアンズ行きだね!とかいいながら(あかん)のどかに福島に向かう。


自分のクラスは20人中15人が決勝に上がれるという、何もなければ確実に上がれるレース。



最後だけ頑張ればいいけど、それでは走ってる方も見てる方も面白くないので
「予選では集団をラップ(周回遅れ)する!」
という意味もない目標を。
それを無駄に自信満々にみんなに言いまくる(みんなに言えば実現できるはず!…


9時ごろ会場に着いて「さー、自転車おろすぞー」と思っているとみんなあたふた。
何かと思ったらまさかの自転車とめてるやつの鍵がない!  
朝からどきどきしてしまう。


なんとかおろして試走へ。
去年とはコースが違ってほぼノーブレーキのスピードコース。 
逃げ切りラップをイメージしながら2周で終了!



いい天気やぁ~


予選なのにイナーメアップオイルとイナーメブレスオイル(呼吸器系オイル)の本気仕様を監督と北野さんに塗って頂き準備オーケー



す、少ない。。。分かってはいたけれど

みんながみんな予選落ちることはないだろうという感じで雰囲気よろし(いつもこんな感じがいいな)

自分だけどきどきしているのをばれないようにしながらスタート←


様子見ながら仕掛けていったら意外とみんなついてくる(やばい
2周目の登り口で踏んだら集団から離れ、2人ついてくるのでこのまま行きたいところ!



三人で回すと20秒ほどのタイムギャップが! 
ラップするには1分ちょっと必要なのでまだまだ。
5周目に入っても20~30秒を推移しているのでさらに焦る!


後ろからもう二人ブリッジしてきたので5人で回そうとするも、もちろんラップしたい人はいないので上手くペースが上がらず。

「このままラップしましょうぜい!」 
というも最初は
「。。。?いやいやいや(笑)」
という反応。


ですよねー



けれど何回も声かけして下りだけ踏んでください! というと自然とペースも上がる(やったー
そうするとタイム差も40秒。50秒と少しづつだが広がる。


樫木さん、宮脇さん、雑賀さん、佐々さん、そして昨晩に周回遅れにするよ!と宣言した母から応援されて気を引き締める。

↑引き締まってない



ここまでくると他の選手も「これ、イケんじゃね??」的な雰囲気になり俄然ペースが上がる(※予選です


応援にも熱が入っている気が(※予選です



ラスト2周でやっと集団の後ろにつく! わーい(*^▽^*)

協調した選手と握手して各々で好きに走る。
自分はもがいて一着ゴール。 
目標達成です。



20km弱しか走ってないのにいい疲労感と空腹感。 ほんとうに空腹。。。

すべての予選が終わりサクッとテントを片付けて今日の宿へ!
ハワイアンズのゲートを素通りして静かに佇む民宿へ。


女将さんがとてもいい人なのがすぐに分かる程の接客の良さ!
近くの温泉も教えて頂き、監督といつも素晴らしい写真を撮ってくださるkensakuさんとも一緒に。


さすが温泉街なのかすごい混みようで駐車するのも温泉浸かるのも一苦労。

見事な空腹感で晩御飯を探しに。


ポールさんオススメの市場のお店は閉まっていたので、とりあえず漁港まで行ってお店探し。

目の前に「元気寿司」などが出てくるがそこは妥協しないイナーメ。 お腹空きました…

車を走らせていると確実に夜の大人な街に入ってしまい夕ご飯が絶望的に…。


たまたま通りがかった人に良いところがないかと聞くと
「すぐ近くにお寿司屋さんあるよー」
の情報を聞いてすぐさま車を走らせる。
入ると2階に案内されるが店の感じで少し不安に…これは確実に安くはない!

「まぁ、2千円くらいでも定食が食べられればいいかな」

というみんなの期待を裏切り、どんぶり2500円~4000円まで。

4000円の『太巻き』というものを初めて拝見。
それも太巻きなのに小さいという

定食もないみたいなので女将さん退席してから作戦会議!
早くも次のお店を考えておこうという。
みんな一品ずつメインを頼んであとは握りや刺身などを。

今が旬な銀鱈をみんな頼んだけど自分は『にんにくのうま煮』(この時点では何かは知らない)を頼む。
運ばれてきてびっくり!

てっきりニンニクをスパイスにした魚かと思ったらまるまるニンニク。


(分かりやすく言うと生姜焼き頼んだら焼いた生姜が丸々出てくるそんなイメージ)


銀鱈と変わらない900円だからてっきりねぇ。 美味しいけども。ここまで来てニンニクって…


みんなはどんなのか分かってたよう、、、どんなのか聞けばよかった。


そんな事も知らずに頼んで動揺を隠せずになぜかみんなに配ってすぐにニンニクは食べ終わる。 銀鱈うまそう。。。



その後に頼んだ握りを食べては感動し、口の中でなくなっては「あぁ…なくなった…」っていうのをみんなで繰り返す

でもやはり海が近いっていうのもあってどれも本当に美味しい!


レース前日にこんなお高い店で騒ぎながらご飯食べてるとこはなかなか無いでしょう汗
なかなか楽しんだ後でやはりみんなアスリート

「アップ終わったからラーメン行こう」
の声で次のお店へ。


いわきの夜は長い。


車に乗り込み宿に帰る道でラーメン屋を探す事に。

もうみんなお腹空いてるから赤い看板を見ると「ラーメン屋だ!!」と言うほど。

やっとの思いで見つけた大勝軒!

満足ポールさん。


さっき寿司を食べたのにみんな大盛りとかを頼み来たら無言で食べる。

その間もみんなの頭からは『ニンニクうま煮』が離れず、それを思い出した佐々さんがラーメンを吹き出してしまうほどの影響力。 恐るべしニンニク。

宿に着いたのは10時過ぎレースの疲れプラス夕ご飯で疲れたのでみんな即就寝。


グッスリ寝て5時起床。

おはようレースがあるため早いが自分のスタートは16時頃。

女将さんが作ってくれるおにぎりを届けるためにチェックアウトまで1人で待機。


、、、暇すぎる。




1人で「どれだけゼッケンをジャージに綺麗につけられるか!」
とかやっても時間が有り余る。
本読んだり音楽聴いたりしてもすぐ終わるのでチェックアウトを早めに。




おにぎりを無事に届けると佐々さんのレースが終わった模様。

腕を吊って帰ってくる佐々さん! 骨が折れたらしいorz
監督とすぐに病院に行って検査。 自転車怖い






16時のスタートまで、お喋りしたり、


マッサージベッドで寝たり

顔に赤く寝た後が




ポールさんバイクデカすぎて脚つかず。


ポールさんがデカすぎて周りからの視線を頂く。


そんな感じで、ポールさん勇人さんと自転車で遊んだりでやっと14時。



アップを初めてスタート位置へ。

今日はもちろん優勝しか考えてなかったしいける自信があった。

けれど、ポイントレースの難しさを痛感。



スタートしてみると位置取りに手こずりポイントに上手く絡めない。



逃げようと思ってもついてこられちゃう。。。

少し下がろうと思ったら逃げが出来てそのまま行かれるなどイメージと全く違う感じに。



レースでこんなに頭が真っ白でお手上げになるのは初めてなくらい。


そのせいでよろしくない言葉を吐いてしまったのは唯一の反省点。申し訳なし!



最後はがむしゃらに攻めたけど実らず10位で終了!



いつも調子良くても悪くても
「今日は調子いいんでいけますよ!!」
と言っている(主に龍太郎さんに
(言葉にする事で本当にそうなる事も)
が、今回は本当にコンディション良かった中でなので、なお悔しい。←珍しく

まぁ、こういう事もあるということで!


監督とお別れしてプロツアーの資格をゲットしたイケイケな渡辺さんと帰路へ。




どうしても前日の寿司の感覚が忘れられず2人で「元気寿司」へ!

チェーン店なのに新鮮でさらに「速すぎだろ…」というワガママを言うほどの提供時間の早さ。

ヤムチャとかワケワカメな話をしてワイワイしながら無事に帰宅!

家まで送っていただき感謝です!


シーズンも終わる! JBCFはあと美浜クリテと幕張
次のレースはジャパンカップオープンであります。



kensakuさんいつもステキな写真ありがとうございます!! お陰でブログに華が出ます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。