シンプルライフ!!

主に日々の自転車トレーニング、レースについて書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイでの最後から帰国まで~のんびり年越しと感じたこと~

タイでの250km走り切った後のシャワーは言うまでもなく気持ちいい!!
ここまで休まず5日間走り切った達成感と安心感で自然と晴れやかな気分に

お腹が空いていたので夕食もしっかり食べ、いつもと違った大晦日を楽しむ。日本とは2時間の時差があるため日本のSNSを見ても違った時間で過ごしていて不思議な感じ。日本時間で2016年を迎えた時にはタイではまだ22時。まずは一回目の乾杯!!


これがれっきとした「ヨーロッパ式乾杯」! 大学生のノリのよ…


美和さんから勧められ始めて食べる真っ黒いタマゴをいただく。見た目は高級感があってなんかキレイ。でも、食べてる間ずっと美和さんが「これ、後味口の中がドブっぽい感じになるよね?!」という言葉を浴びて半信半疑だったが見事にドブでしたorz

そんな感じでワイワイ楽しみながら過ごしているとタイでも2015年が終わる時間に。
2016年を迎える二回目の乾杯もヨーロッパ式で乾杯!




楽しい。年越しそばも食べたし満足な大晦日でした



「コムローイ」というものを教えてもらうも
「バウムクーヘンに火をつけて飛ばすんだよ!」
という明らかな嘘を信じてしまう自分の純粋さにある意味感心←


みんなで一つ持って裏の畑へ!

このような感じで気球にあったかい空気がたまるまでじっと待機。
うまくいかないと…



うまくいくととても綺麗。これ日本でもできないかなぁ。。。


みんな終わったらおやすみなさい。遅くまでお隣さんは賑やか


練習がない朝も早めに起床する。やることがないので読書。空港で6時間も繰り返し読んだ本でも少しでも知識を入れようとすると意外と何回でも読め~る


朝から朝食はそうめんを頂き、龍太郎さんお土産探しの旅!トゥーンの街へ!
(北野さんは一人斜度30%近い山にチャレンジしに…強いw


おけの中で活きのいい魚がワイルドに販売! それを尻目にまゆこさんが履いていた「とらでぃしょなる」なズボン(タイ風な)を探しに

某オ〇クリーも300円程度で買えるなんて…


市場の奥深い場所にあった洋服屋さんで発見! 
店員さん熱心に色々紹介してくれるも龍太郎さんの見事な英語とタイ語と日本語が混ざった言語でなんとか振り切る

そのあとも色々周り目的達成しアイスを食べて帰宅!ちょうど餅つきの時間に間に合った~


想像では少しついたら交代!だと思ったらまさかのみんな一人引き…見てるだけでも辛いのにorz
自分は最後までつききる自信0だったので餅の成形をやるも最後の最後でやってないのがバレてやることに…唯一交代をお願いしてしまうw それでも最後の美味しいとこだけはやらせてもらい完了!なぜか両手に豆が!


突き立てのお餅は本当にベリーデリシャスでお雑煮も美味しい!日本にいるより日本的な過ごし方


その後も龍太郎さんに柿ピーを渡す役目も務めひかりの『きなこでリアル地図』だったり『きなこ占い』という新たな遊びでのんびり過ごす。


そんな素晴らしい過ごし方をしているとすぐに帰る時間に。自分は次の日の早朝発の飛行機なので今晩飛行機の北野さんと一緒に空港へ

幸也さんがニュージャージの撮影をしていたのでどさくさに紛れて一緒に撮ってもらえた!

みんなにお別れして末岡さんの車で空港へ。短い期間だったけどやっぱりさみしい。


空港に行く前に先に自分のホテルにチェックインさせていただく。なんとも日本語を話せるスタッフさんがいるらしい…
行ってみると明らかに緊張した現地のスタッフが必死に日本語で対応してくれる。とても安心感!


無事に北野さんともお別れしホテルへ


タイでは高い宿泊費でも日本と比較すると安いと感じてしまうマジック



送迎してもらえるので準備してフロントに行くとコーヒーなぜかお手紙


ここまで熱心だとまた泊まりたくなっちゃう



帰りはなんで飛行機は飛ぶんだろう…ということに悶々とし、乗り換えに手こずりあわや乗れないところだった~。スリル満点!


19時過ぎに日本に帰国し空港に迎えに来てくれていた父親と合流!


龍太郎さんとのラーメンで始まったタイ合宿。最後もラーメンで締めて無事終了!




北野さんとのちょっとした会話で決めた今回のタイ合宿参加。行動に移すか移さないかの少しの違いでとてつもないくらいの大きな違いがあると実感
いつもやると決めたらその行動の9割は完璧にこなした!というスタンスのお陰で色々こなせる
が!それ以上に周りからの支えのおかげでいつも順調に物事を進められます!
本当にありがとうございます


我が人生約7000日。その中のたったの7日間では目に見えた変化は得られないかもしれません。けれど、自分の中では確実にものにできている確信があります

次回は1ヶ月の滞在をしさらに自転車以外でも知識を身につけていきます。とりあえず、空港で荷物を消さない努力からします←


改めまして、今回の遠征で関わったたくさんの方々ありがとうございました!




タイ合宿~完~
スポンサーサイト

タイ合宿練習最終日!~年末は放心状態ライド!~

なんだか早いようでタイでの練習も今日(12月31日)で最後。 年末に一番距離をこなす250km。しかし、出発はいつも通り9時に集合。
出発前から不安しかない。

今日はいつもとは違う方向で住宅街を入ったり、ガタガタ道をこなす。平坦だけどペースがそれなりに速いので引いてるとじわじわ疲労が…(でも、そんな早く先頭変われない。


40km地点から早くもバイクペーサー投入!こんな段階で!!やはり250kmとなると時間との勝負らしい。
2組に分かれて2台のバイクに引っ張られながら距離をこなす。
facebook-20151231-121452.png


80kmちょっとのところでみんながバイクから発射したのでついていく!けど、ゴールがどこかもわからずに踏み続ける。
昼ごはんの場所にたどり着くも「え、今日本当に250km走るの…?」というくらいいつも以上にへとへとな弱気状態に
時間的にも怪しい。
IMG_20151231_123937.jpg
龍太郎さん地元の子供とじゃれる
の図

「まあ、ここから平坦ですよね!」という期待の言葉もむなしく逆に今からアップダウンしかないということを知り絶望。
10606390_887788441342748_1526234158086399199_n.jpg

スタートするもバイクが入り、さらにレース走に。
ついていくのが精一杯どころかタイの道路事情の目の前に続く均等な距離にある登ったり下ったりにやられ先頭集団とはさらば!

この後だいぶ一人でタイの地をとぼとぼと走る。海外の知らない土地で一人になるなんてもうごめんです


後ろから美和さんカーと同じく千切れた集団が来てくれたのでつかせてもらうことに。 山岳地帯のカーペーサーもなかなか!

新しい集団が形成されたので切れないように回す。そしたら、やっと休憩場所の商店!ペプシうまい!

IMG_20151231_145334.jpg
先頭集団で走ってた龍太郎さんもスーパーサイヤ人になっていた。

スタートするもやはり時間が押し気味なので早々にバイク。 バイクがいなくなっても幸也さんペーサー。 もはや意識無し。

2列ローテの時は片側幸也さんだと横の列はついていけず変わっていく。それでも龍太郎さんがかなり食らいついて(半ば強制的に)いたのは本当に強いと実感。 あの人やっぱりすげぇ!
10398972_1066962023347839_1676491613329108759_n.jpg

自分は
終わらないアップダウン。落ちないペース。あぁ千切れそう…
ということを繰り返す。 (最終的には千切れます

最後の休憩所の豆乳屋さんまで25kmの時登りで龍太郎さん、幸也さんについていこうとするも踏めずに二人はバイクに連れていかれ、自分は麻由子さんトレインで豆乳屋までGO! 
これで最後だと思っていた豆乳は美味しい! 

しかし、まさかのあと30km少しあるという。いつもなら大した距離ないけどこの時に限っては…。さらに日も暮れて暗い中車で急いで!


facebook-20160102-184801.png
無事にナーソンに着いたときは感動の瞬間。まさに放心状態。こんな経験は自転車乗ってきてないってくらいの達成感を味わう…



これで、残り少ない2015年も満足に過ごせそう!!

タイ合宿4日目~一応、カフェライド~

今日は一応「カフェ巡り!」というコンセプトで走り始める。名前はすごくのんびりしてそう!

9時になっていつもの集合場所に行くと、ノイさんがどこかのお寺でもらってきたという「聖水」を自転車はもちろん、頭からかけてもらう。ありがたや~



今日は、「第一」という山だけ登る平坦基調のコース。なんでそんな名前がついているのかは謎のまま


傾斜はきついけど連日の激坂+距離長い!
と比べると距離が短いだけありがたい…

その後、タイの白いお城をちょっとだけ拝む。DJポリスに何か言われているもタイ語を全く理解できず。




「旅館」

そして、野良犬や牧草を食べている牛を尻目にざ・日本風な名前のおしゃれなカフェに到着。




いつも以上にのんびり過ごし再スタート!
その10mくらいのところで次はお昼ごはん。

ここでもゆったり。なんでなのかと思ったら豆乳屋さんの時間に合わせるそう。これは帰りが大変だ


帰りの途中で逃げが発生しレース走に!後ろでローテを回しながら追う。しかし、ペースが速くて徐々に人数も減っていく

捕まえたらそのまま幸也さんはカウンターアタック! 何人かついていくも自分は満足してしまいさようなら(´・_・`)


その後の売店でペプシ飲みながら「あそこからが本番だよ~!」と幸也さんから一喝!


ここからバイクペーサーで引きずられ豆乳屋さん着!この1杯を飲むとホッと一息。



昨晩北野さんの洗濯ネットが壊れたのでジャパニーズ製のネットを買いに。ここらへんのお店はまとめて買ってそのまま店先ドンッ!
という感じなので壮観(おけ地獄)




次の日は31日!2015年最後の練習!

タイ合宿3日目~年末追い込み3days初日~

年末までの追い込み3days初日。
朝起きると昨日のタイマッサージのおかげか脚も問題無し!
一方で同じくマッサージを受けた龍太郎さんは朝からふくらはぎが痛いそう…楽しそうにお姉さんマッサージしてたからなぁ


いつも通りトゥーンの街で朝食。お馴染みのセブンイレブンで多めに補給食購入。
日本とは違うパンばかりなので飽きがない!(特にお気に入りはカレーパイ?のようなもの)


(photo by 幸也さん)
出発して最初はサイクリングペースで淡々と距離をこなす。信号待ちなしで街から街への移動なので楽しい!
途中で幸也さんから一列ローテーションの指示!(いつもの基本は二列になって同時に交代)

もちろんローテーションはできると思っていたが過信だったよう。幸也さんからたくさんの指摘をもらう。 出来ない悔しさもあるが幸也さんからアドバイスをもらえるなんてありがたい限り!という複雑な心境に。ローテーション一つにしても奥が深いと実感


そうこうしているうちにお昼ご飯の地点へ。ここまで80kmほど。まだ半分行ってない!熱い!ペプシウマイ!

注文が終わって座ってのんびりしていると足元が「ゾワッ」という感覚。何かと思ってみるとネコさんが我が物顔でお店を徘徊。
「これが噂のネコカフェか!!(違う」という感じで癒される。タイの猫とか犬はなんでこんなにも無防備なのだろうか…

のんびり出来てるけど、かなり提供が遅い。いつもならいいのだけど遅くなれば遅くなるほど、帰りのペースが上がりバイクに引きずられるのでゆっくりし過ぎは逆にご勘弁。 純さんがお店の厨房に入って出来具合をチェックするという自由奔放さのおかげか(これも多分違う)その後料理到着!
焼きそばのような、焼うどんのような変わった美味しいものを頂き出発!



(photo by 美和さん)
ここからまた淡々と回し、アップダウンが続く。何とか食らいつこうとするも最後の方のキツイ登りで自分もおさらばー…。 銭湯を引き続けていた純さんにまた引っ張ってもらい無事休憩のセブンへ。
その後は幸也さんペーサーとバイクペーサーの二班に分かれて最後の追い込み。

自分はバイクの方。何分か後に前の集団を追うイメージ。
バイクペーサーになるとバイクの真後ろが楽になり後ろになるほどキツイ。先頭から一番後ろにつくときもつらい! いつの間にか10人近くいたけれど5人ほどに。 自分もいっぱいいっぱいになり先頭交代するときに散っていく…

その後ゆっくり走っていると後ろからリズミカルなクラクション。その車の後ろにはまるで収容所のように千切れていった人たち。
自分もそれに乗ろうとするも思ったより足がなく車に掴まってひたすら引っ張ってもらう。まるで魔法の絨毯。(脚の次は腕がパンパンに)


なんとか、目的の豆乳屋さんに! 話は聞いていたけれど初めての豆乳屋! 一杯5バーツ(15円くらい) とても美味しく何杯でも飲んでしまう。

(photo by 美和さん)


こうして無事に初日220km終わり。
この時点でイナーメ三人の疲れは見え始め、夜には変なテンションに。北野さんの洗濯ネットの壊れたファスナーを男三人で地道に治すものの最後に北野さんが盛大に再度ファスナーをぶち壊したので、みんなで「なんでやねん!」


という言葉を最後におやすみなさい。

タイ合宿2日目~壁を登り市場やマッサージへ~

目覚めのよい朝! 
筋肉痛はきてないけど身体重し。今日は休息日の人と練習の人で別れたため出発は7人。


朝食はみんなで食べに行く。注文の仕方がわからずみ真似でなんとか注文。 それにしても安い!

今日もいい天気の中平坦区間をサイクリングペースで。タイには信号が皆無なのでストレスなく走れる30km地点で目的の山付近に到着! 入り口が明らかにシクロクロス。 工事している人たちを尻目にタイヤを滑らせながらゆっくり登る(昨日の反省)

 
登り口の手前で絶望。 また壁だ…ここは競うことはせず自分のペースで登る。それでもギアが足りなくなるのですぐに筋トレ状態にさらにまっすぐ引かれた道なので先まで壁が続いて精神的に辛い。


途中から道幅も広くなり脚も見事になくなってきたので蛇行しながら。その頃には速い人たちは遙か彼方~最大斜度26%があったり、看板には8%と書いてあるのに15%だったりとさらに精神的に追い込まれる見上げれば壁のような坂は壮観!たったの6kmの坂を1時間ほどかけて登頂。言われていた通り罰ゲームだった幸也さんも「あと2年は来なくていいなこれ!」というほど。

見事な景色を眺めてからせっかく登った所を反対側から下る。傾斜がさらに厳しくてそのまま頭から落ちちゃいそう!登り返しもすごい傾斜なので勢いよく下っても踏まざるをえない。過酷な環境だ。登り返しのてっぺんでみんなで記念撮影会!


写真じゃ伝わらないのでぜひ本物をを見て欲しい。
そこから前日ゴーさんに引いてもらった裏プチ区間へ。昨日は脚がなくそれなりの速度だったがみんなで走るとリアルマリオカート。 穴を避けたり、動物を避けたりで気が抜けぬ爆走でアップダウンをこなしたのですぐに宿近くまで。


ご飯屋さんがなかったので近くの街トゥーンでラーメンを食す!うまい!食べながら龍太郎さんと「まだ80kmかぁ…今日はもういいっしょ…」と話していると幸也さんも帰るというありがたいお言葉が!その脚でトゥーンの市場にみんなで行きパイナップルを食べたり、ナマズを食べたり。ナマズ美味しい


自分も遠征に必需品の洗濯ネットをなんとか手に入れ龍太郎さんとマッサージ屋さんへ。1時間200バーツ(約600円)というやはり格安で1時間も龍太郎さんとサバイ、サバイ(気持ちいいという意味らしい)言いながら苦しむ。



途中完璧プロレス技を決められながらも無事終了。帰りの脚が若干痛いのは激坂のせいかマッサージのせいかは謎。


宿に戻ってから2日という短い期間お世話になったゴーさんのお見送り。このあと飛行機に乗って北海道に行くという…寒暖の差がすごい汗


明日から3日間年末大セールで脚を売り切るそうなのでまた過酷なことになりそう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。